金利と無利息期間、どちらを重視?

最短でお金を借りる方法とは?
http://www.coaco.net/

キャッシングやカードローンでお金を借りる時に重要なポイントとなるのは、どこで借りると利息が少なくて済むかだと思います。

お金が不足した結果の借入れですから、返済の負担は軽ければ軽い方が良いのは間違いありません。

利息を少なくする方法は2つあります。

一つは、少しでも低い金利の借入れ先を選ぶこと。

そしてもう一つは無利息期間のある借入れ先から選ぶことです。

金利と利息は比例しますので、金利の低い借入れ先を選ぶのは効果抜群です。

銀行系のカードローンなら14.6%などと上限金利もとても低い場合が多いです。

消費者金融系だと18.0%程度が多いので、この差は結構大きなモノになります。

ただ金利は少し高めであっても無利息期間を上手く使えば、その差は逆転可能です。

30日間無利息期間のある借入れ先で借りて30日以内に返してしまえば、利息はゼロ。

これなら金利はいくらであっても関係ありません。

つまり短期の借入れ期間であれば無利息期間がある借入れ先を選び、コツコツとゆっくり返したいなら金利を重視する、それが大切になります。

例えば、金利14.6%の借入れ先で10万円を借り、毎月1万円ずつリボ払いで返済した場合、返済期間は11ヶ月で払う利息は7,280円といった所です。

そして、金利は18%で30日間の無利息期間ありの場合、返済期間は同じく11ヶ月で払う利息は7,306円です。

この条件でほぼ互角となります。

返済額を多くしたりして、これよりも短期で返せば無利息期間にメリットがあり、長くなるならば金利を重視することにメリットが出てきます。

また無利息期間は何度でも自由に使えるわけではないので、何度も借入れされる方は金利を重視すべきでもあります。

金利の低い銀行系は審査が消費者金融より、少しだけ厳しかったりもします。

これらの要素を考慮にいれながら借入れ先を選べば、返済にかかる利息を少なく出来る賢い借入れが出来ます。

大切なお金です、借入れ前に少し考えてご自身にあった会社から借入れを行ってください。

キャッシングは比較して選ぶ

冠婚葬祭や、飲み会などの急な人との付き合いで、現金が急に必要になることがあります。

貯金をそのようなお金に回せれば良いですが、住宅ローンや車のローンを抱えている人にとっては、貯金が無い場合もありますね。少額ならキャッシングを利用して、現金を用意する方法もあります。

しかし、キャッシングは借金ですので、利用する場合はそれなりの注意が必要だと思います。

キャッシングをする前に、必ず返済ができるように計画を立てた方が良いでしょう。無理な借り入れは、あとあと返済が大変になってきます。きちんと返済計画を立てて借りた方が、安心して返済を続けていくことができますね。

キャッシングの利息は金額が大きくなく、すぐに返済すればそれほど高いものではありません。
そのため、急にお金が必要になった時に、キャッシングを利用するのは、良い方法だと思います。

また、キャッシングでお金を借りる前に、数社比較をして見た方が良いでしょう。
金利は各社違う場合があるので、0.1%でも安い会社から借りた方がお得です。

借りる金額が大きくなればなるほど、返済期間が長くなればなるほど、利息部分が大きくなっていきます。

返済の元金よりも利息部分の方が大きくなってしまうこともあります。

また各社それぞれキャンペーンなどのお得な情報もあるので、それも比較の対象にしてみても良いですね。
毎日をより良く生活していくためにも、安定できる経済ライフを送るためにも、賢くキャッシングを利用したいものです。