カードローンの初回融資限度額は?

金融機関のホームページを見ていると、融資限度額は最大800万円とか1000万円とか書かれています。では初めて契約する時、一体いくら位の融資限度額となるのでしょうか?
ここで基準となるのは総量規制です。総量規制とは年収の3分の1までしか借りられないという法的規制のことです。
これは消費者金融や信販会社のカードローンに当てはまりますが、最近は銀行カードローンも総量規制を目安にしている傾向にあります。

しかし消費者金融や信販会社のカードローンでは、それなりに年収が高くても初回いきなり50万円以上借りるのは難しいと考えていてください。
そこで年収の多めの方は、銀行カードローンの方がたくさん借りられる可能性が高いです。年収300万円程度の方でも、上手くいけば60~80万円の融資限度額が設定されることも十分ありえます。

地方銀行カードローンを利用する際の注意点

最近はメガバンクだけでなく、地方銀行でもカードローンを提供しています。
しかも地方銀行の方がカードローンの種類が多く、魅力的な商品もたくさんあります。
しかし地方銀行カードローンには独特のルールがあるので、それを知らないとうまく契約できません。

その一つが、その地方銀行の営業区域内に住んでいるか、勤務先があることです。
例えば横浜銀行カードローンのように魅力的な商品でも、契約できる人が限られるのです。
次に地方銀行の審査は即日に行われることが多いですが、融資までに数日、遅いと数週間もかかる場合があることです。
お金を借りたい方はなるべく早く現金を手にしたいでしょうから、融資までのスピードに問題がある地方銀行が存在するのです。
最後に提携ATMはそれなりに豊富ですが、ほぼ手数料はかかると考えていてください。