からの追加返済!利息が抑えられるが手数料に注意!

銀行や消費者金融のカードローンは、ATMを利用することで随時借り入れや返済が可能です。発生する利息も利用した日数分だけとなり、無駄な費用を抑えられるメリットがあります。ですが、便利かつお得なように思われるATMでも提携ATMでは注意が必要です。提携ATMの場合、利用の都度手数料が発生してしまい、場合によっては利息よりも高くなってしまいます。

特に銀行カードローンの場合は、利用手数料が無料というものは少なくなっているため、利用を抑えようとして、別のところで損をしてしまう可能性があります。また、遠方の銀行カードローンも申し込めるものの、ATMによるデメリットには要注意です。最近では、銀行も手数料を値上げするケースが生じているため、今後はより申し込みする際に注意することをおすすめします。

カードローンの初回融資限度額は?

金融機関のホームページを見ていると、融資限度額は最大800万円とか1000万円とか書かれています。では初めて契約する時、一体いくら位の融資限度額となるのでしょうか?
ここで基準となるのは総量規制です。総量規制とは年収の3分の1までしか借りられないという法的規制のことです。
これは消費者金融や信販会社のカードローンに当てはまりますが、最近は銀行カードローンも総量規制を目安にしている傾向にあります。

しかし消費者金融や信販会社のカードローンでは、それなりに年収が高くても初回いきなり50万円以上借りるのは難しいと考えていてください。
そこで年収の多めの方は、銀行カードローンの方がたくさん借りられる可能性が高いです。年収300万円程度の方でも、上手くいけば60~80万円の融資限度額が設定されることも十分ありえます。

派遣がカードローンを利用した感想

私は、現在、派遣社員として仕事をしています。派遣は正社員のころと比べて、給料が低くて、生活が大変です。

私は車を所有していますので、車検や車の保険を払う時に、多くのお金が必要になります。お金の工面に困っていた時、消費者金融のことに気づき、自宅の近くにある、無人契約機コーナーで契約をしました。

契約の時の必要な書類は運転免許証です。わからないことはオペレーターに聞くことができましたので、契約はスムーズにできました。契約後の確認の電話は勤務先にありましたが、ばれることはありませんでした。

即日融資ができましたので、非常に助かりました。毎月の支払はありますが、お金の工面ができましたので、とりあえずは安心しました。

消費者金融はできれば、利用をしたくなかったのですが、お金の工面が大変になりましたので、仕方がないです。現在は、給料を上げてもらい少しは、生活が楽になりました。
利息分を考えますと、早く返済をしたいと思います。