確認される各項目にもスコアの違いがある

キャッシングにおける審査は、複数項目があります。勤続年数なども確認項目に該当します。それだけでなく会社規模や年収など、様々な項目が見られる事になります。

ところでその項目には、実は優先順位があるのです。というのも金融商品による確認は、いわゆる点数方式になります。

上記の中では、勤続年数などはかなりスコアが高いですね。仮にそれを5だとします。それに対して年収などは、実は金融会社としては余り大きく重視していないものです。ですのでそのスコアは、2などの具合です。どれも同じスコアになる訳ではありません。

ちなみにその具体的なスコアなどは、それぞれの金融会社によって色々と違いがあります。ただどの金融会社でも、原則として上記の勤続年数などは、高スコアと考えて良いでしょう。