銀行カードローンも変化の時期に!地銀再編で取り扱い停止の可能性も!

改正貸金業法の施行に伴い、貸金業者は総量規制により年収の1/3までの融資上限となったほか、利息上限は利息制限法が適用されたことで過払い金返還により多くの消費者金融が廃業や倒産することになりました。

それ以降、銀行カードローンが消費者金融市場にカードローン商品を投入し、貸付残高は年々増加傾向にあります。

ですが、銀行カードローンが社会的な問題となり、即日融資の停止、審査方法の改善が行われるだけでなく、カードローン事業の再編も生じています。

しかしながら、銀行の本業赤字により地銀再編の動きも生じており、銀行の統廃合によりカードローン商品の取り扱い終了の可能性も出ています。

そのため、カードローンは持っていれば安心、必要な時に使うという方は銀行業界の動向に注意して、適宜解約や切り替えという対応が必要になっています。