銀行系カードローンと通常の貸付は何が違う?

銀行と聞くと通常の貸付だと、それなりの後学で保証人とかをつけないとというイメージがあります。

銀行系カードローンはそういった重苦しそうなお金の貸付とは違って、無担保で借入ができるというのが通常の貸付との大きな違いです。

通常の貸付ですと、不動産や高価な動産、株や証券などの担保が必要なとっていますが、銀行系カードローンはそう言った担保がない方であってもお金を貸せるようにして、多くの人たちに銀行を利用できるようになっています。

これは、消費者金融の貸付と同じようなことであり、海外の銀行では前から存在しているようなケースでもあります。

金利面は担保があるようなケースと比べると割高にはなりますが、借入がしやすくなっているのが大きな特徴でもあります。