これってキャッシングだったんだ…

バリ島に会社の個々と旅に行ったときの振舞い。
ジャカルタでのチェンジで5間くらい間が空き、
バリにたどり着く時には深夜になるので、どこかで両替できないかな~と
個々と飛行場タイミングをうろついていたスポット、
ATMがあったので、ためしにクレジットカードを入れてみました。
英文で調整できましたが、理不尽がわからないので大体の感覚でリンクを押していたスポット、
5000円分が上手く現場通貨に両替されたらしく、
ATMから現地の紙幣が…!!
大安らぎで資産を方策に飛行場の食べ物アウターで夕ごはんにありついたのですが、
その時はこれが生活初のキャッシングになったとは気付きもせず、
のちのち要望書できっちり利回り、手間賃を取られていたことを知りました。
個々はそこで5万円くらい両替していましたが、
恐らく我々と同じようにキャッシングを利用した両替だとは
気付いていなかったと思います。
私も個々も日常、台数十円、台数百円をケチって節約するスタイルなものですから、
こういう思わぬ返済はちょっと悲しかっただ。
当時23年代…現実知らずだったとしか言いようがないですね。
無知とは物凄いものです。
しかし良し事実となりました。
その来年、またおんなじ団員で海外旅に行きましたが、
そこでは一概に両替店舗で両替をしましたよ。