貸金法人が廃業(見なし貸金法人)となった場合に注意したいことは?

日本国内には、銀行や一流サラ金、中小サラ金といった様々な金融機関があります。銀行や一流サラ金の場合、破たんや廃業といった危険は低ものの、中小サラ金ではあります。その際に注意したいのは、見なし貸金店となったケースです。あくまで、現在は貸金商いから離脱し、債権リコールだけを行っている法人となるため、障碍が無いように思えます。
ですが、見なし貸金店となったケース、人間信頼見聞役所からも退会して要ることがあり、見聞の変換及び訂正が行なえなくなります。つまり、皆済したのに仲間入り状態にあることや登録見聞に過失があるに関して、不利益になってしまいます。
そのため、見なし貸金店と協定があるケース、仲間入り書の返送、皆済資格などの文を必ず考えることが重要になります。