総量監視について

キャッシングの選択を考えている方だと、総量制御という諺を聞いたことがあるクライアントは多いかと思います。ではその総量制御とはどんなものなのか簡単に書きたいと思います。総量制御とは、多重借入やつを無くすことを目的として定められた掟による制御で、軍資金を借り受けるスタイルその合計は報酬の三分のはじめまででなければいけないとなっています。つまり、報酬に合う合計しか借りられないように制御をしているのです。しかしこういう制御が適用されるのはサラ金などから軍資金を借りるスタイルのみとなっています。

銀行のキャッシングは総量制御の対象外なのです。詰まり先に銀行で軍資金をn借りていれば、その合計は制御の訳ではない結果サラ金で軍資金を借り受けるときに考慮されず、そこであらためて報酬の三分のはじめまでを借りることが可能です。報酬が少なかったり、パートなどをやる学徒ならば総量制御の対象外の所から借りたほうが安上がりということになります。また報酬が0円である稼業女子などでも制御の対象外であれば軍資金を借りることは可能です。その場合はやはりジャッジメントに通過する必要があり、奥さんの報酬などが考慮されるようです。
このように、一見すると不便な制御ですがうまく利用することも可能なのです。

総量規制対象外の銀行のカードローン

貸金業者のキャッシングは総量規制の対象、銀行のカードローンは総量規制対象外です。

総量規制では貸金業者からの借入総額は原則年収の3分の1を超えられないと、個人の方の借入額に制限をかけています。

これは多重債務に陥ってしまう個人の方が増えたため、保護する目的で施行されました。

お金を借りたくても借入額や年収次第では総量規制に引っ掛かって借りられないケースが見られるようになりました。

しかし銀行は貸金業者では無いので総量規制によって借入額が制限されることは無いです。

中には収入がゼロの専業主婦の方にもお金を貸している銀行のカードローンもあります。

その代わりに配偶者の方に安定した収入が必要です。

総量規制対象外とはいってもご利用限度額は低めに抑えられることが多いです。

新規でお申し込みされた場合は信用力によっても異なりますが、10万円から30万円、50万円くらいのご利用限度額が設定されることが多いです。

あまり他社からの借入額が多かったり、借入件数が多いと審査に落とされてしまうことがあります。

総量規制対象外でも銀行の審査は貸金業者と比べると厳しいことが多いです。

審査にさえ合格すれば銀行のカードローンは金利が低いのでお得な借入ができます。